スポンサードリンク

黒酢効能navi > 賞味期限や保存方法

黒酢の賞味期限・保存方法は?

賞味期限や保存方法

黒酢って腐るの?

豊富な健康増進効果と共に、
どんな方にも気軽に手軽に使用する事が出来る健康補助食品としても、
非常に高い人気と注目を集める製品の一つが、黒酢です。

一般的な調理に使用される酢と違い、その名の通り、
茶褐色や黒色をした独特の外観が特徴の調味料です。

古くから、一部の地域に於いての料理などに使用されていたという歴史があるのですが、
その独特の製造方法などからも分かるように、非常に優れた抗酸化作用に代表される、
身体にとっての様々な有効成分を豊富に含んでいるという事が認知された結果、
現在の人気へと繋がっています。
この黒酢と呼ばれる製品ですが、
実際に使用されている方にとって気になる点の一つが、保存方法です。

一般的な調味料の大半は、開栓前の未開封の段階に於いては、
冷暗所などの、直射日光の当たらない涼しい環境での常温保存を指定しています。

反面、1度でも使用された際の開栓後については、酢の説明
冷蔵庫などの低温での保存を推奨しています。

黒酢は、いわゆる発酵食品と呼ばれる製品の一種でもある為、
一般的な食材などと比較すると、
抗菌作用や殺菌作用を持っているという点を含め、
非常に優れた保存性能を保っています。

ですから、よほど神経質にならない限りは、
一般的な保存方法を実践することで、長く使用することが可能となります。

そして、購入して後、
どの程度までなら黒酢を使用する事が出来るかという点についてですが、
黒酢製品に設定されている賞味期限に関しては、
一般的には約1年から2年程度の期間を付与されている製品が大半となっています。

他の食品や調味料と比べ、比較的長い期間が設定されている背景には、
上述したように、黒酢が発酵食品であるという点が特筆できます。

非常に強い抗酸化作用と殺菌作用を持ち合わせている為、
外部からの混入による品質劣化などが大変少ないからです。

更に、黒酢特有の特徴として挙げられますが、
ワインのように、熟成という行程をふまえることによって
更に深みを増すことができるとも言われていますので、
きちんとした黒酢の保存方法を行う事によって、長く楽しむ事も可能です。

美容効能解説はこちら

スポンサードリンク